2013年9月17日火曜日

ワイヤープランツの挿し木

ワイヤープランツは、枝が細いので
なかなか増やすことができなくて、チャレンジも失敗に終わり
新しい苗を買ってくることが多かったのだけれど

今回はうまくいきそうな感じです。

苗から生い茂った枝の太いところを
何箇所か切り、葉っぱを少なくして
できるだけ空気の入りにくい土に枝を植えて、
水を切らさないようにする。

6本ほどそれをやってみて、
今日、根っこがでてきているかみてみたら
2本は根っこが少しでてきていた。

このまま成功させるために、
ほかの枝はとってしまい
この2本だけを土に残すことにして
あまり日に当たらないように、じっくり時間をかけて
育てていきたい。

ワイヤープランツは、丸い葉っぱがとても愛らしい植物で
わりと放ったらかしにしていても
どんどんと伸びてくる種類なので、
育てやすいのだけど

なぜか、うちの猫が
猫草を食べないで、ワイヤープランツをちぎってしまうので
葉っぱがどんどん減ってしまう。

それでも健気に生えてくるところがまたいいのだけど。

ワイヤープランツの良い所は、
そんなに日が当たらない場所でも
よく育つところと、
成長が早いのが魅力的。

耐陰性が強いので、部屋のどこにでも飾れるし
どんどんと、枝が伸びていくので
入れ物に巻きつけても、インテリアとしてとても良い

根っこはとても細くて、たくさんある。

挿し木で増やすのもいいのだけれど、
育ったワイヤープランツを
植え替えの時に、ハサミでばっさりと2つに分けてしまうのもいい。