2013年9月22日日曜日

亀を飼うときに必要なもの

私は最初、亀には水槽だけでいいと思っていました。
水槽も、1つでしばらく飼うことができると思っていましたが、
決してそうではありませんでした。

亀を飼うときに必要なものは
意外とたくさんあり

まず、

・バスキングライト
・UVBライト
・水中ヒーター
・甲羅干しのできる場所
・シェルター


これらが必要です。

うちでは、バスキングライトの代わりに
ネオハロゲンという、
カミハタから出ている、爬虫類用のヒーターを使っています。

サーモスタットは別売りで、
設定した温度になると
自動的に切れるようになっています。

カミハタのものは、
値段は高いですが、しっかりした作りなので
大変気に入っています。

この、カミハタのネオハロゲンは
寿命が3000時間ととても長く
かなり長持ちするのと、
スタンド・ライト・サーモスタットが別売りなので
どれかが故障したり
電球の寿命がくれば交換すれば良いだけなので
この商品に決めました。

ただ、まだうちに来たばかりの
甲羅が3cmほどの大きさだと
あまり近いところから、ライトを当ててしまうと
眩しいらしく、逃げてしまうので
水槽の縁に取り付けても
かなりの眩しさに感じるようです。

水槽も、浅めの水槽と
深めの水槽があるので
最初は深めの水槽を買っておいたほうが
ライトを取り付けるのにも最適化です。

高さのあるほうが、まぶしすぎることがないので
最初の水槽選びも重要だと知りました。

その水槽も、最初は45cm水槽だったのですが
水換えの時に割ってしまい
今ではプラケースになってしまいました。